内鍵トラブル多発!被害に遭わないための対策を把握しよう 内鍵トラブル多発!被害に遭わないための対策を把握しよう

家の中で使用されている鍵のタイプを知ろう

家の中にはどんな鍵が使われているの?

家の中で使われる内鍵は、場所の用途によって違いがあります。玄関には最も厳重な鍵が使われ、トイレドアや浴室には、簡素な鍵が使用されています。普段は外鍵に注意を向けがちですが、内鍵によるトラブルも後を絶ちません。

場所別で異なる鍵の種類

玄関
玄関に使われる内鍵は、不法侵入などの外部からの不審者を防ぐために、最も厳重にすべき鍵です。近年の巧妙化した犯罪手口などから、防犯性の高い玄関の鍵の需要が高まっています。そのため、様々な種類の鍵が使用されています。ピッキング被害の多発などから、ピッキング耐性の高い鍵が求められています。防犯性の高さなどから、外国製の評価の高いシリンダーを取り寄せ、自分で取り付けている人もいます。
トイレ
トイレのドアに使用される内鍵は、高齢化などに伴い、開き戸から引き戸にする方なども増えてきています。また、引き戸用のトイレ錠を取り付ける方も多くなっています。防犯の面からも、トイレの鍵は玄関の鍵に比べ防犯性を重視する必要がないため、簡素な鍵を使用することが多いです。一般的なトイレの鍵は、開き戸や引き戸などのタイプに関係なく、ツマミをひねり開錠するタイプや、ボタンを押して閉めるタイプなどがあります。
浴室
浴室に一般的に使用される内鍵は、ボタン錠とも呼ばれ、ドアノブに錠がついている円筒錠のタイプや、ツマミタイプの簡単な鍵が使用されています。円筒錠の特徴は、内側から鍵のボタンを押すことで鍵をかけられる仕組みになっていて、外側に付いた鍵穴からは、開錠だけができる仕組みになっています。浴室の鍵は水気の影響を受けやすいため、錆による浸食を受けやすい鍵です。

家の中での鍵トラブルに要注意

女性

鍵によるトラブルは、鍵を使用されている場所なら、どこにでも起こり得るトラブルです。普段は、玄関や自動車などの外鍵に注意を向けがちですが、日常生活と密接な関係がある内鍵による鍵トラブルも、後を絶ちません。内鍵の代表的なものには、自室の鍵やトイレの鍵などがあります。これらの鍵を、紛失、又は破損してしまえば、開錠することができなくなり、最悪は閉じ込められてしまいます。

TOPボタン