内鍵トラブル多発!被害に遭わないための対策を把握しよう 内鍵トラブル多発!被害に遭わないための対策を把握しよう

内鍵トラブルを未然に防ぐ方法

内鍵の鍵トラブル対策

修理

ベランダの内鍵を子供に閉められてしまう鍵トラブルを回避するには、鍵の位置を交換したり、窓に何かを挟んでおいたり、補助ロックなどを利用して対応しましょう。また、いつ起こるかわからない鍵トラブルに冷静に対応するために、自分に合った鍵屋さんを調べておきましょう。

今からできる内鍵予防

鍵を高い位置に付ける
ベランダなどで洗濯物を干していて、ふと目を離した隙に、子供に鍵を閉められてしまうトラブルは少なくありません。閉められたことに気付いて子供に呼びかけても、親の所に行けずに泣き出してしまうことがあります。予防するには、子供の手が届かない位置に、鍵を付け直してしまうことです。防犯面でも、空き巣が鍵を壊して侵入するのが難しくなるメリットがあります。
窓に何かを挟み込んでおく
子供に鍵を閉められて、室内に子供を一人にしておくのは非常に危険です。特に小さい子供であればあるほど、命の危険に繋がることもあります。サッシなどに使われるクレセント錠は、一般的に完全に締め切ることで、鍵がかかる構造になっています。この構造を利用して、ベランダなどに出る時は、何かを窓に挟んで、完全に締め切ることが出来ないようにしておくと、閉じ込め防止になります。
補助ロックを応用する
子供に内鍵を勝手に閉められるなどの鍵トラブルを防止するためには、鍵の交換や、窓に何かを挟み込む方法以外にも、窓に補助ロックをつける方法などがあります。補助ロックは、鍵を回して本体を固定後、鍵を取り外すことができます。ベランダに出る際に、手が入る隙間分だけ開けた状態でロックして鍵を外せば、内側から勝手に鍵を閉められる危険がなくなります。

自分に合った鍵屋を選ぶことが大切

外鍵と同様に、内鍵による鍵トラブルも、いつ起こるかはわかりません。閉じ込められてしまった場合などは、緊急を要するので、いざという時のために自分に合った鍵屋さんを選んでおく必要があります。鍵屋さんを選ぶ際には、口コミなどの評価や、自分が住んでいる所から近い距離にあるか、定休日や年末年始などでも対応してくれるか、などを調べておく必要があります。自分に合った鍵屋さんを調べておけば、緊急時に落ち着いて対応できます。

TOPボタン